2011年10月03日

メアリー・ブレア

大好きなアーティストの一人、メアリー・ブレア。

大阪では梅田大丸ミュージアムで10月10日まで開催している企画展
「メアリー・ブレア 〜人生の選択、母のしごと。〜」へ行ってきました。


DS304-1.jpg


Mary Blair < メアリー・ブレア >
1950年代「シンデレラ」「ふしぎの国のアリス」「ピーター・パン」のコンセプトアート、
「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを手掛け、ディズニー・スタジオで活躍した
アーティストで、ディズニーを退社し商業デザインや絵本の製作も多数手掛ける。
代表作『わたしはとべる 』[I CAN FLY]は、娘も大好きな絵本です。


DS304-2.jpg


メアリー・ブレアが好きになったきっかけは、ディズニー映画『三人の騎士』からで
南米を絵描く独特の色彩とデザインは最高!

そしてなんと言っても、この人が描く子供、どれも愛らしくて大好きです。


DS304-3.jpg


二人の子供の子育てと、多彩な仕事をジャグリングの様にこなした。と書かれていたが
二人の子供の子育てまでは一緒やけど、誰でも出来るお手玉2個程度の仕事やな
(ディズニー・レジェンドと比べるのが間違いだけど…)

もっともっと、がんばらんと。



「メアリー・ブレア 〜人生の選択、母のしごと。〜」
http://www.maryblair.jp/


グッズも色々あって可愛かった。


2009年の東京現代美術館のメアリー・ブレア展、行きたかったなぁ〜


text by カサボウ
posted by Day Starter at 02:20| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

Basin Street Boys




リスニングなう



大好きな吾妻光良氏が某フリーペーパーでオススメしていたので、早速CD購入。

エエなぁ〜〜


DS297.jpg

Basin Street Boys / Satchelmouth Baby


text by ウエッチ

posted by Day Starter at 11:59| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

nuitomeru

DS284-2.jpg


古くからの友人夫妻が満を持してショップをオープンするので、
そのプレオープンに行ってきた。



革製品全般を取り扱う「nuitomeru - ヌイトメル -」というお店。



これまでに工房で、他メーカー(某有名ブランドなど)の商品を請負製造していたり、
Day Starterでもベルトを別注したり、革のことでいつも相談に乗ってもらったりしていた。

今年からオリジナルブランドを本格始動し、それに伴い工房の2階にショップをオープン。

DS284-5.jpg

1階の工房には、いろんなミシンや機械が所狭しと並ぶ。


DS284-6.jpg

革製のオリジナルのバッグやベルト、雑貨などどれも丁寧に作られていてカワイイ。



DS284-4.jpg

ちなみに以前から欲しかった画像左の通称『コッペパンバッグ』を購入。



他にアメリカのUSED子供服やシューズなんかもあります。




DS284-1.jpg

重森夫妻



ぜひ遊びに行ってみてください。
オススメです!


nuitomeru - ヌイトメル -

address : 550-5527 大阪府大阪市西区九条3丁目28−32
tel / fax : 06-7492-4527
e-mail : info@nuitomeru.com
shop open day : 月曜日〜土曜日 10:00〜19:00 <アポイント制>

http://nuitomeru.com/
posted by Day Starter at 23:52| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

昭和レトロ

DS281-1.jpg


友達からパッケージがカワイイ!と貰った『キリンラーメン』

昭和レトロなパッケージ、この独特な「キリン」のタイポも最高です!

DS281-2.jpg

昭和40年代から平成7年まで愛知県の三河地方で販売されて、
廃盤となってしまったらしいが、おとうふ工房 いしかわ が、
復刻版として製造販売を再開したそうです。



DS281-3.jpg

コチラは別の友達が実家へ帰った時に出てきたという、歌声喫茶の歌詞本
カサボウ好きかと思って…と貰った。

昭和30年代独特のデザイン、配色。印刷の悪さ、版のズレ、鈍臭さ、最高です。

コンピューターなんて無い時代の、人の温かみ、愛があるデザイン

好きやなぁ〜


text by カサボウ
posted by Day Starter at 14:32| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

chuffy

DS277-1.jpg

DS277-2.jpg

東京の経堂に素敵なお店がオープンしました。

以前にもショップカードを描いた時に紹介した、アンティークの北欧・東欧の生活雑貨を扱う『CHUFFY』です。
今までは色々な百貨店のアンティークフェア等の催事だけでしたが、お店を出されました。


店主のNORIさんとは元々、お店(Day Starter)の最初の頃のお客さんとして知り合い、
仲良くなりました。

色々相談にのって貰ったり、いつもプラスオーラ全開のNORIさんに励まされ続けている私です。


すでにオープンしてるけど、CHUFFYの看板や新たなショップカードetcのアートワークも
させて貰う事になっています。出来上がれば、またコチラのBlogでも紹介します〜


お近くの方、是非遊びに行ってみてください。



Chuffy: http://www.chuffy.jp/

●東京都世田谷区宮坂3-28-3

●営業時間/11:00〜19:30

●定休日/不定休


text by カサボウ
posted by Day Starter at 00:26| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

田中一光

DS245-3.jpg


近所で田中一光のポスター展がやっていたので見に行ってきました。
当時のポスターを間近で見るとやっぱりカッコええなぁ


DS245-1.jpg

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展
田中一光ポスター1953−1979

1950年代から70年代に制作されたポスター作品を精選して展示。

dddギャラリー
2010年11月9日(火)−12月22日(水)
11:00am−7:00pm(土曜日は6:00pmまで)日曜・月曜・祝日休館
〒550-8508大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル
tel 06-6110-4635  入場無料

http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/


田中一光(たなか・いっこう)1930−2002
1950年、京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)図案科を卒業。
鐘淵紡績(現・カネボウ)意匠科のテキスタイルデザイナーを経て、産経新聞大阪本社事業部でグラフィックデザインに携わる。
53年に日本宣伝美術会(日宣美)会員となり、59年には日宣美会員賞を受賞した。
65年に仲間とともに「グラフィックデザイン展<ペルソナ>」を開催、オランダで初の海外個展を開催するなど活躍。
60年代には東京オリンピック(64年)、大阪万博(70年)などの大規模イベントに携わり、空間デザインなど仕事の幅を広げた。



text by ウエッチ
posted by Day Starter at 16:40| Comment(2) | Favorite | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

EGOライブ

突然のお誘いで、EGO-WRAPPIN'のライブを見になんばHatchに行ってきた。

やっぱりライブは何回見てもいいね


常に新しい音楽に挑戦していく姿勢がカッコイイです。


森くん・よっちゃんも相変わらず話すとマイペースな感じで癒されました。




text by ウエッチ
posted by Day Starter at 02:22| Comment(2) | Favorite | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

When you're smiling



『When you're smiling』はとても好きな曲

Oh when you're smiling
When you're smiling
The whole world smiles with you
When you're laughing
When you're laughing
The sun comes shining through

But when you're crying
You bring on the rain
So stop your sighing be happy again
Keep on smiling
'cause when you're smiling
The whole world smiles with you



微笑み
あなたの微笑みに
世界も一緒に微笑む
あなたが笑う
あなたが笑うと
お日様も輝く

あなたが泣くと
それは雨になる
ため息はやめて、幸せにして
いつも微笑み
そうすれば世界も微笑むから






text by ウエッチ
posted by Day Starter at 13:24| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

1950年代 日本のグラフィックデザイン

DS207-1.jpg

最近買った本を紹介します。

2008年4月〜7月に印刷博物館で開催された
「デザイナー誕生:1950年代 日本のグラフィックデザイン」
という展覧会の図録を書籍化したもの。

DS207-2.jpg DS207-3.jpg
中身はこんな感じで、盛り沢山。

DS207-4.jpg
若き日の横尾忠則の作品なんかも・・・



どれもお洒落で、めちゃくちゃカッコイイ。
この展覧会は東京で開催されたものやけど、観に行きたかったなぁ


DS207-5.jpg DS207-6.jpg 展覧会ポスター


text by ウエッチ
posted by Day Starter at 17:18| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

マンボ・キングス/わが心のマリア

最近観たDVDを紹介。
家の近所のTSUTAYAになかったので、取り寄せてもらいました。

DS187.jpg

『マンボ・キングス/わが心のマリア』

1992年製作の映画で、1950年代のマンボが大流行した音楽界を舞台に、
キューバからニューヨークにやってきたラテン・ミュージシャンの兄弟の姿を描く、
ヒューマンドラマ。

ストーリーはかなり単純。。。

アーマンド・アサンテとアントニオ・バンデラスが兄弟を演じているのですが、
他にチョイ役で、文字どおり「マンボの王様」Tito Puenteが本人役、
「サルサの女王」Celia Cruzがクラブのオーナー役として出演してます。


劇中のTito Puenteの華麗なティンバレス・ソロは見物。


観る前まではあまり期待していなかったのですが、隠れた名作です。


特典映像として監督による映画丸まる1本分の撮影秘話も
長いけど、おもしろかった〜〜


●TSUTAYA online●
http://www.tsutaya.co.jp/works/10000981.html


text by ウエッチ
posted by Day Starter at 15:23| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

GOMA & The Jungle Rhythm Section




店を少し早く閉めて、GOMA & The Jungle Rhythm Sectionのライブを観に行ってきました。

GOMAちゃんとは古くからの友達で同い年。
昔まだ彼が大阪にいた頃、二人で一緒にバイトをしたりしてました。笑


ご存知の方も多いと思いますが、彼はオーストラリアの先住民族アボリジニの
世界最古の木管楽器ディジュリドゥのプレイヤーで、日本での先駆者的存在。


それにしてもライブ・・・めっちゃ〜〜〜良かった〜〜〜〜〜〜〜!!!


なかなか言葉では上手く表現できませんが、ここ最近あまり感じることがなかった
ちょっと不思議な刺激やった。

単純にカッコエエ〜〜っていうのはもちろん、何か悔しいって感じとか、
自分ももっともっと頑張らなアカンっていうやる気をもらった気がした。


AFRO-SAND.jpg

先日リリースされたGOMA & The Jungle Rhythm Section
2ndアルバム『AFRO SAND』

要チェックです。


■■GOMA & The Jungle Rhythm Section■■
http://www.gjrs.jp/

■■GOMAWEB■■
http://gomaweb.net/


text by ウエッチ

posted by Day Starter at 02:39| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

1953年短編アニメーション賞

ウォルト・ディズニーのToot,Whistle,Plunk and Boom(プカドン交響曲)

鳥の学校でフクロウ先生が生徒達に金管楽器、木管楽器、弦楽器、打楽器
のルーツを授業する短編アニメーション。

50’Sならではのイラストで、特に楽器の描き方が凄く可愛いです、
子供向けにしては渋すぎるような。昔のディズニーほんと凄いです。





ちなみにこの作品、今回アカデミー賞で「つみきのいえ」が受賞したのと同じ、
短編アニメーション賞を1953年に受賞しています。


同じシリーズのMelodyもいい

text by カサボウ
posted by Day Starter at 02:36| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

Cocinando!

DS144-1.jpg

先日、Bar Muszeに呑みにいったら、
ジュニアくんが「これ知ってます〜?」と本を見せてくれた。


『Cocinando!』という1940's 〜 最近までのラテンミュージックの
アルバムカヴァーアート集。


貸してもらったのですが、自分もデザインの資料として欲しかったので、
amazonで購入。



特に古い時代のものは、カラフルな色使い・どことなく暑苦しい感じがどれもイイ感じ。

DS144-2.jpg DS144-3.jpg

text by ウエッチ

posted by Day Starter at 18:35| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

apartment living is great

DS116-1.jpg

今回は、普段ロゴやプリントを考える時に参考にしている写真集を紹介。

以前、ネットで見つけて海外から取り寄せた。


『apartment living is great』 by Lesley Marlene Siegel


アメリカ・カリフォルニアのアパートメントなどのサイン(看板)
ばかりを集めた写真集

DS116-2.jpg

どれもロゴとして完成されていてカッコイイ。

DS116-3.jpg

当時(50・60年代)のロゴってどこか躍動感があるのに鈍臭い感じが好きです。

text by ウエッチ
posted by Day Starter at 19:26| Comment(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

キング印

DS101.jpg

普段から使っていて気付かなかった・・・こんな箱に入ってたんやね。

裁縫の時に使うマチ針のパッケージ。

キング(?)のイラストとフォントがエエ味だしてます。笑


text by ウエッチ
posted by Day Starter at 19:34| Comment(5) | Favorite | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

Alex Steinweiss

DS100-4.jpg

レコードを買う時、たまに「ジャケ買い」をする。
カバーアートでだいたいの内容をイメージしてみる。
期待外れの時もあるが、思いがけず当りの時は嬉しくなる。

そもそもこのレコードジャケットを初めてアートとして捉えたのが、
この「Alex Steinweiss」という人。


1930年代のレコード(78rpm)は無地の茶封筒に入れられた何とも味気ないものだったらしい。そういった時代の1939年、COLUMBIA RECORDにグラフィックデザイナーとして雇われた彼は、アルバムカバーにグラフィックを施すことで、最大の広告になるに違いないと考えた。
そのアイデアは的中し売り上げは数倍にもアップした。

その後、彼は1973年に引退するまでに約2500ものアルバムカバーを
デザインしたそうです。

今となっては、当たり前になったレコードジャケットも
彼がいなければ存在しなかったかも!?

その一部が掲載された本
「For The Record: The Life and Work of Alex Steinweiss」

DS100-1.jpg DS100-2.jpg DS100-3.jpg


これに載っているどのカバーアートも「ジャケ買い」必死です!!


text by ウエッチ
posted by Day Starter at 20:07| Comment(1) | Favorite | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

JAMAICAN LABEL ART

DS87.jpg


http://jamaicanlabelart.com/


こんなん見つけました。

世界にはいろんな人がいるもんです。

こりゃ〜立派なアートだな。

カッコイイっす!


text by ウエッチ
posted by Day Starter at 23:23| Comment(2) | Favorite | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

Prince Buster

DS71-1.jpg

先日クアトロで、Rico Rodriguezのライブを観たせいか、
ふと3年程前に来日したPrince Busterのライブを思い出した。

当時65歳とは思えない程の華麗なパフォーマンスに、
自分を含め会場にいる全ての人が酔いしれた。

彼の数々の伝説・逸話には、あえてここでは触れないが、
今でもその時の興奮は記憶にある。

そして、3年以上経った何でも無い日に思い出し、
店でもPrince Busterのレコードに針を落とす。

でもって今日は家であのライブのビデオを観ようかなぁ〜

DS71-2.jpg

text by ウエッチ
posted by Day Starter at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

『ルドルフ・赤鼻のトナカイ』

DS69.jpg

クリスマスも後1カ月、て事で こんなDVDど〜でしょうか?

1964年にアメリカで製作され、それから40年以上に渡って、

クリスマスシーズンになると放映され続けている人形アニメーション。

私も小さい頃に見た記憶がある。


まっかなお鼻の〜♪の歌はこのアニメーションで作られたそうです。

ストーリー自体は、歌通りの単純なものですが、出てくる人形達の

レトロなかわいさがイイ。

中でも一番悲惨な思いをする、雪男スキです。

http://www.olcre.com/rudolph/


text by カサボウ
posted by Day Starter at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Favorite | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

SCRAP BOOK

DS68-1.jpg

先日オークションで、マッチラベルのスクラップブックを購入。

正確な時代・年代は個人が収集したものなので不明だが、
裏表紙に「皇軍萬歳」という文字や日の丸が入っていたりしたので、
かなり古いものだと思う。

中身はというと、その当時の独特の色彩、すばらしいフォント、巧みなレイアウトのオンパレード。

パソコンなどなかった時代、手描きの一本の線にも暖かみが感じられる。

DS68-2.jpg DS68-3.jpg DS68-4.jpg

↑こんな感じでびっしりと整理されている。


その中でもこの2枚のモチーフは皆さんお馴染みの例のやつだと思うが、
ちょいと適当すぎ!笑
DS68-5.jpg  DS68-6.jpg

しかしどんな人がこのスクラップブックを製作したのかが、とても興味深い・・・

text by ウエッチ

posted by Day Starter at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Favorite | 更新情報をチェックする